エース交易株式会社[エースCXオンライン]
[エース交易/エースCXオンライン]現物の受渡しから、デイトレードまで幅広いニーズに対応。手数料割引制度も有り。

2007年02月23日

負けがつづくと・・・

ほんとにブログ更新したくなくなりますなダッシュ(走り出すさま)


でも嫌なことに直面し、良くない点を観察しなければ進歩はないひらめき


DTでなぜ負けが続くのか考えてみたやや欠け月  今のスタイルは損切りは10ティックまで、利は伸ばせるまで伸ばすというやり方だ。
しかし、考えてみると、損は必ず確定させるのに利の確定は不明瞭ということになっているドコモ提供
まあ、大きく勝つ方法のひとつだとは思うのだが、小さい損を繰り返していると、資金の小さい私ではだんだん追い詰められていくがく〜(落胆した顔)  今日も5000円くらい利が乗っていたのだが、結局グッド(上向き矢印)にいくのを待ってたらあっという間にマイナスに転落。でSTヒットバッド(下向き矢印)  明日からは値幅で利益確定をしていき積み重ねていこうと思うが、果たしてどうか?end





ぴかぴか(新しい)本日の戦績ぴかぴか(新しい)  (は値洗い、は確定)


全体収支(DT・鞘・スイング)

本日損利益
(値洗いのみ) +18400 
月累計損益  -48420
年累計損益  -59300


本日損利益  -14120
月累計損益  -66820
年累計損益  -77700


DT収支

本日損利益  -5560
月累計損益  -27400
年累計損益  -58020
posted by Baal at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ストップを置くのはいい。だけど、もし1枚とか2枚で一つの銘柄だけ建ててるなら手動が一番いいよ。ストップ置くのは利が乗った状態でやればいい。

僕は建てた銘柄でストップ置く場合は、沢山銘柄やって管理できない時と、利が沢山乗った時くらい。あとは全部手動。

何を言いたいかと言うと、危ないと感じたら切れって事。利食いも一緒。わざわざストップ来るまで待たなくてもその前で切ればいい。何個も建ててるのなら、ストップの意味もあるのだけど一つなら手動が一番です。ストップなんか使ってると、いざ利食いたいときにその注文取り消して、さらに注文ださないといけない。それだけでスピードが人より遅れてるのだ。

ストップ高付近で売って、ストップ10円前にストップ注文出しておくのは意味あるけど、それじゃなかったらストップなんて意味ないよ。

あとね、調子悪かったら買いだけとか売りだけとか自分の得意な方だけでやってみるのもいいよ。例えば、買いだけで一ヶ月通してもし負けたら、たぶん売りと買い両方使っての売買はまだ早い。上げる時間が多い時と下げる時間が多い時とあるけど、あげる時間が多い時にちゃんと獲って、下げる時間が多い時に損失減らして(ちゃんと損切りできたら負けは抑えれる)やれば、一ヶ月通してマイナスになる事は絶対ないから。これでマイナスになるようなら、ちゃんと買い場がわかってない証拠。売りだけでやるならその逆ね。

これができて初めて、反対の売買もすればいいのだよ。僕なら、買い方目線だから売りね。ちゃんと買い場、売り場を分かってない人が両方やって獲れる事はないと思ってるからね。

デイトレって感覚って凄く大事で、周りの状況見て体が反応しないとダメです。でもその感覚を手に入れるのには、片方の目線でずっと見てないとダメ。常に売りか買いかってやってると往復で喰らって死にます。

それ考えてやってごらん。何か見えてくると思うから。
Posted by 先物タロウ at 2007年02月23日 04:12
タロウさんが重要なことをほとんど言い尽くした後に書き込むのはちょっとつらいけれど

私のことを振り返って

多くは少し大きめのもちあいのときに仕掛けると似たような利食い損ないが多い気がする。
木曜日は不慣れなゴムをやってみて思ったけれど動く幅がこのところのガソリンより大きいとはいってもトレンド発生の期間はごくわずかでおおきなもちあいの連続のような気がしました。

我々小口委託者はトッケにならないかぎり板画面で成り行き注文を確認できないし、端末から注文執行までのプロセスの差もあるから会員とくらべるとスリッページでのロスが思った以上に大きい(成り行きの場合ね)。
トレンドフォローに徹した場合天底の一方はまず取ることができない。
そうすると大きかろうともちあいに捕まった場合利益が小さかろうと利食いをしないと損になってしまいます。

また、大きい通いだからってドテンや売り買い両方とるのは当たる当たらない以前の問題としてスリッページを考えると労力の浪費。
むしろ集中力と資金の温存のために張らないことのほうがいいとさえ思います。

Baalさん自身が以前書いてたと思いますがそういうポイントではエントリーしないことでスリッページでの目に見えない確定損を避け、相場でのリスクも回避できます。

市場では私たちは私たちよりはるかに知識も金もあり、賢く駆け引き上手な相手と対峙しています。将来は世界でもトップクラスの相手とそうなるかもしれません。
勝てそうな銘柄に勝てそうな間だけで上手く立ち回らないとやられちゃいます。
Posted by ChickenGeorge at 2007年02月24日 00:00
転換点(節値)を予測できてないと 何も出来ないですよ・・
節値が売買ポイントになるんだから
それに “本来の”資金管理っていうものも解かってないと
ターゲットにする仕切りポイント(転換点)も決まらないですし
技術論云々の前に 根本は もっともっと別のところにあると想うわよ・・・
Posted by 舞姫 at 2007年02月25日 11:04
おーお休みしている間に大物から3連投ですか^^;

ちょっとあせってるんでしょうね。変なところでしかけているのかもしれません。深い含蓄は私なりに考えてみます・・・ありがとうございます。
Posted by Baal at 2007年02月26日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
インヴァスト証券
シストレ24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。