エース交易株式会社[エースCXオンライン]
[エース交易/エースCXオンライン]現物の受渡しから、デイトレードまで幅広いニーズに対応。手数料割引制度も有り。

2011年01月15日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます晴れ

ちょっと遅いかあせあせ(飛び散る汗)

ばーるでございます。


開発中のEA 「Aim」

aimchart.jpg


EAgraph.jpg

EAresult.jpg

一目均衡表を使ったロジックを発展中猫

あんまり見せたくないが、上の写真は開発中のEAの手口である。

コテコテの順張り。

エリオットなどで言われているいわゆる「目標値」をロジックに組み込んだ結果だ。

たしかに底値に近いところで買い戻しを入れられている。

強い下落トレンドが出たところでの成績だが、5万ドルに対し1年で

61939ドルの儲けだから年利にして123%ほど。

まだどこでどのくらい利食うかは研究中。これより良くなる可能性もあるが、悪くなる

場合もあるだろう。



教科書どおりの一目均衡表の使い方をしたつもりだが、原書に当たったわけではないので

もしかしたら、通俗的(?)な不正確な使い方をしているのかもしれない。

参考サイト




ほぼ上のサイトにあるとおりの売買サインを採用したが、私の見たところと実際の相場

と相違していると感じたところは、原理原則に反しないと思われるかぎりで改良を施して

ある。というか、そのまま売買しようとすると、売買回数はかなり少なくなり、狙える値幅も

かなり少なめになる。・・・それでも年利10%弱は可能なのかなぁ。。。


話は変わるけれど、年利10%程度とはいえ、そんな情報がタダで手に入るって考えように

よってはすごいよね。もし資金5000万だったら500万でしょう?その意味で今目指している

ところってのは異常かもねドコモ提供


一目を使う理由は、出てきた数値に根拠を見出すという点だ。

前作「Vitality」はよい成績が出たけれども、なぜそこにストップなのか、という理由が

見つけられなかった。成績がいいならそれで大丈夫なのかもしれないが、釈然としない。

一目をプログラム化するのは大変だが、やらないと気がすまないねモバQ



このプログラムを近日中に完成させたい。


本年もよろしくぅっ exclamation×2
posted by Baal at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180718964

この記事へのトラックバック
インヴァスト証券
シストレ24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。