エース交易株式会社[エースCXオンライン]
[エース交易/エースCXオンライン]現物の受渡しから、デイトレードまで幅広いニーズに対応。手数料割引制度も有り。

2009年11月07日

鮮やか

盛り塩を伯方の塩にしなかったことに少し後悔−
ばーるでございますドコモポイント

白金ミニ今週の戦績
platinum1106.jpg

今週は文化の日を除く4営業日時計
月曜に白金ミニで買いポジを取ってから水曜夜まで買いで利食いを繰り返した(今週からミニ4枚で勝負)
で、水曜夜にドテン売りに転じた雷・・・ここら辺は我ながら見事であるぴかぴか(新しい)

結局この売りは利益にはほとんどならず、今日のドル円暴落で再度売りエントリーして利確できたかわいい

自分でもうまくいったなと思えるのはリスクコントロールの点であると思う。
今週から白金ミニで4枚の勝負だが、これは金ミニのトレードを中止することで資金の2%をリスクにさらすというルールを守っている。

あとは自分のトレードを信じる、という点でもうまくできたと思う。

水曜日に利益を確定しドテン売りに転じるのも、よくよく考えればなかなか思い切った行動なわけで、自分のトレードに自信がなければリアルトレードを止めてエントリーしないという選択もあったはず。

しかしそれをしなかったのは、ポジションサイズも大いに関係あるが、普段から自分のトレードロジックがうまく出た場合はチャートをプリントアウトするなどして自分の正しさを確認していたからであると思う。

トレードにおいては優位性(必勝パターン)を見つけるということよりも、「安心できるポジションサイズを取る」「自分のトレードを信じる」ということのほうが大事であると感じるひらめき

せっかく優位性のあるルールを構築したのにその通りにできないのは自分のトレードを信じてないことに由来すると思うが、どうだろうか。


ガソリン理論値
gasolineresult1106.jpg

オイルも好調で、他原油・灯油も大体上と同じような成績になっている。

また、先週末より裁量でドル円をショート雪
為替は大きいスパンで見れば勝てるやもしれぬ犬
優秀なスキャルロジックがあれば使ってみたいが、理想は勝率70%以上、一度あたりの利益:損失=4:6−つまり損を抱えないタイプ

これはだいぶ難しいと思う。

実は今年の春から5ヶ月ほどクラウンを使ってたんですが、全然ダメでしたね。結局のところ5ヶ月間の間一度も原資を回復することはありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔) 勝率はたしかに7割程度だったが、典型的な「コツコツドカン」タイプで使い物にならないあせあせ(飛び散る汗)
トータルでは大きく負けもしなかったが、稼ぐプログラムではありませんでした。
販売対応も微妙曇り 返信は来るんだけど、どう読んでも答えになってない(笑 ・・・たぶんクレームが多くて心が病んでしまったんだろうなぁ

そもそもスキャルピングといわれる手法に優位性があるのかなと思う。
手数料とスリップが非常に大きな壁となるはずで、これを克服するのはかなり大変に見えるのだが・・・
これで食べていけるトレーダーは相当に才能あるでしょうね。

来週は本業の改革がいよいよ始まる猫
トレードも淡々と続けていきますよend

週末BCDポジ
bcd1106.jpg
posted by Baal at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132219404

この記事へのトラックバック
インヴァスト証券
シストレ24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。