エース交易株式会社[エースCXオンライン]
[エース交易/エースCXオンライン]現物の受渡しから、デイトレードまで幅広いニーズに対応。手数料割引制度も有り。

2009年03月24日

バックテスト誤差の原因

興味があるかたがいらっしゃるようなので、以前紹介したFXSPシリーズのバックテストを再度載せます。

<FXSP Eur/Gbp>
mt40324a.jpg

同じ期間・同じブローカーで試しても異なる結果になるのは、MT4がその時、その通貨ペアでどのくらいスプレッドが開いていたかに左右されるからだそうです。
このプログラムは取引時間帯に制限があって、スプレッドの狭い時間帯を選んでいるみたいですね。
EURGBP版の取引時間帯は日本時間の朝6:00から午後3:00までで、その間のスプレッドは0〜4程度(ODL)この時間帯にバックテストをすると、上記のような結果を得られます。

低ロットで使ってみようと思いますend
posted by Baal at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Baalさん、こんにちは。
私も最近MT4使い始めまてみました、
でも、今日売買してるはずのところで売買してない・・・
プログラムミスしてました(:_;)
修正してテストしたら前よりPFよくなったのは拾い物だったんですが、
やはり見切り発車はよくないですね。
プログラミングよくわからないのに焦って実用してたかも。。。
Baalさんの慎重さを見習ってやりたいと思います。
Baalさんすごい研究してるし、勉強させていただいてます。
Posted by con at 2009年03月25日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
インヴァスト証券
シストレ24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。