エース交易株式会社[エースCXオンライン]
[エース交易/エースCXオンライン]現物の受渡しから、デイトレードまで幅広いニーズに対応。手数料割引制度も有り。

2009年03月10日

超ショック〜><。。。

2007〜2009までの好調だったバックテスト犬

データのダウンロードのしかたがわかったので、それ以前のデータでバックテストをしたところ、無残な結果にもうやだ〜(悲しい顔)

具体的にはDDが60%を超え、量によっては資金が消滅することが判明ふらふら
つまり、1年半くらいのデータではカーブフィッティングが容易であり、さらに、ひとつのシステム・ひとつの時間足では勝てないということだ

昨年度の後半期を参考にしてBCDを作成した。
その中にはたしかに規則性が発見でき、応用が利くものがあった。
しかしそれは半年〜1年かけて示現した一時的な値動きだったということらしい。

結構自信あっただけに、はっきり言って参りましたorz
まあ、自信一杯で大負けしなかったのはよかったのかもしれませんが・・・

にしても、具体的なロジックを組み始めてから1年余り半月
大敗することが明らかになったこの期間と、相場を退場する人が1年以内にかなりの率に上るというのは関係あるように感じるモバQ

で、落ち込んでいても始まらないので、考えたことは以下の通り

1 自動売買に関してはスイングからデイトレードへと変更する
それに伴って取る値幅は以前よりも小利・小損・高勝率になる。

2 違った時間足を参考にするトレードを研究する。

1に関して
自動売買では異なる時間足を参考にできない。したがって単純なロジックで小利を積み重ねるしかない。

2に関して
ひとつの時間足で安定したトレードができないのは、異なる時間足で「何かが起こる」からだと考える。
ヘッジを考えると、異なる手法を同時に運用するのが望ましいと考える。自動売買が上記のようにならざるを得ないなら、こっちは中長期を見越したスイングにし、損小利大を目指す。
これを実現するには値動きの全体像が必要−エリオット波動とか−になるかもしれない。


正直、MT4で結果見たときは本当に終わったと思った。まあ、でもここでやめたら今ままでの努力が本当に無駄になる。

相場はたしかに難しい。欲望・恐怖・偽りの情報・トリック・あらゆる困難がこの中にはある。やらなくて済むならそれが一番 end


>座敷わらしさん
今年度の実績はわれながらあっぱれです。
次年度につなげないと。
posted by Baal at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
@時間足の短い取引は極めて難しい。スイングで勝てなければ100%無理である。

A違った時間足を参考にするトレードを研究する。

↑時間足と言う概念を説明せよ。
収集したデ−タ−に「足」と言う概念は無いのでは?
Posted by @魔王 at 2009年03月11日 01:06
裁量でよく使いますが
セットアップと
エントリー&エグジットのタイミング用とで
時間枠を変えてみればどうでしょう?

欠点は負けづらいが取りはぐれがかなり大きくなります
Posted by にわとり at 2009年03月11日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115442866

この記事へのトラックバック
インヴァスト証券
シストレ24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。